その1:普通のビタミンCより、お肌によく吸収される

ビタミンC誘導体といっても、いろいろな種類があるのですが、
ここでは、コンフィアン イオンローションに含まれているビタミンC誘導体の効果
について書かせていただきますね


ビタミンC誘導体の効果として、
誘導体ではない普通のビタミンCよりも、お肌に吸収されやすい
という特徴があります

さらに、誘導体でない普通のビタミンCは、
紫外線などの影響で壊れやすい(酸化しやすい)のですが、
コンフィアン イオンローションに使われているビタミンC誘導体は壊れにくいです


最近、ビタミンCを含め、いろいろな抗酸化物質がいいともてはやされていますが、
それらのほとんどが「不安定」つまり「酸化しやすい」という欠点をかかえています

抗酸化物質というのは、私達のお肌の細胞が参加する前に、
「私が代わりに酸化しときますね」と酸化してくれる物質のことなので、
当たり前といえば当たり前ですが・・・

「酸化しやすい」物質を化粧品に入れるのは、技術的にいろいろと難しいことが多いため、
誘導体の形で入れるのが良いと思います


話をビタミンCに戻して・・・

化粧品に配合する成分をビタミンC誘導体にした場合、
お肌に吸収された後に普通のビタミンCに戻ることも重要です

ビタミンC誘導体の中には、誘導体のまま普通のビタミンCに戻らないものもあるんです!
大きな声では言えませんが、そのビタミンC誘導体は、結構使われているから困りものです


コンフィアン イオンローションに使っているビタミンC誘導体は、
お肌に存在する酵素の力で、普通のビタミンCに戻ることが確認されています

しかも、その酵素の量が、多すぎも少なすぎもせず、ちょうどいい感じなので、
コンフィアン イオンローションを朝夜2回使うと、
24時間持続的にお肌にビタミンCを届けてくれるんです♪


気になってきた?(笑) → コンフィアン イオンローション



お名前 ※ 姓: 名:
E-Mail ※


最近のエントリー


+ コンフィアン化粧品